現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-09-02 (Sun)
ブログの名称であるNetworkENTRYですが、これは昔私が草の根BBSを運営している時に付けていたものでした。
当時、電話回線を草の根BBS用にわざわざ引いて、24時間運営していました。
PCは当然一台しかないので、ホストマシンとして占有されてしまうと何もできません。
そこで、OSにOS/2を使い、MVDMの一つにホストプログラムを走らせ、他に自分が何かをしたい時には、別のMVDMを立ち上げて使っていました。
その後、回線をISDNにしたりして、スピードアップをしましたね。
最終的にはインターネット回線も使っていましたが、当時はまだ24時間定額ではなく、深夜時間帯のみ制約無しに繋ぐことができました。
そのため、日中はISDN、深夜はさらに追加でtelnet接続ができるようにしましたっけ。

その後、長期海外出張があり、また、帰国後は24時間稼動マシンも無くなってしまったため、完全に休止していました。

このあたりの履歴については、後日詳しく紹介しますね。

さて、もう二度と立ち上げることは無いだろうなぁ~と思っていたのですが、24時間駆動のopenSUSEのサーバマシンを立ち上げ、openSUSE上でもVMwareも無事動くようになったので、ちょっと挑戦してみることに。
そして、VMware上のWindows2000にmtbbsを走らせてみたところ、ちゃんと動くのが確認できちゃいました。
libmpeg7.jpg

ということで、思い切って再開させちゃいました。
(ルーターのリダイレクト設定も、ちゃんと設定できましたし。)

NetworkENTRYへのtelnetアクセスですが、Windowsマシンであれば、コマンドプロンプトを開いてtelnet 113.151.227.103と打てば接続できます。
Linuxを使っている方は、文字コードをSiftJISに設定して下さいね。
そうそう、漢字モードに入るには、「ALT」+「半角/全角」です。
Windowsは途中から仕様が変わって、「半角/全角」だけで切り替わるようになりましたが、DOS/Vの世界では古いままですので御注意を!


また、コマンドプロンプトよりもTeraTerm(teraTerm Pro)という便利なtelnet端末ソフトウエアを使った方が使い勝手が良いので、そちらも使ってみてください。

昔、草の根BBSを使っていた人には、とても懐かしいと思いますよ。

せっかく復活したので、私もちょこちょこ書き込みしてみようかと思います。

本当は、OS/2上でKTBBSを動かしたかったんですが、どうも上手く動かないんですよねぇ~。 (;_;)/
う~ん。 (>_<)/



関連記事:(*印は、この記事です。)
-BLOG初挑戦です
-VMware Player 5.0.0 on openSUSE 12.1(x84_64)
*-NetworkENTRYの運営再開
-NetworkENTRYの履歴紹介
-AndroMud
-NetworkENTRYの設定
-Desktop On-Call Ver.5.5
-Dynamic DNSと、NetworkENTRY(BBS)のWWW運営
関連記事
スポンサーサイト
| BBS | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する