現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-02-16 (Sat)
先日購入したワイヤレスキーボード(Perixx製 無線トラックボール付ワイヤレスキーボード・日本語配列)PERIBOARD-706)ですが、記事にしたように右側にマウスボタンが配置されています。
これではドラッグ&ドロップの時の操作が非常に不便です。

やっぱりマウスボタンはキーボードの左側に無いと使いにくいので、改造することにしました。
そこで、まずは改造第1弾としてφ3.5のステレオミニジャックを通してマウスボタン回路を外に取り出せるようにしてみました。

分解は非常に簡単で、裏のネジ11個を外すことで2つに分離できます。
fr_173.jpg

カバーにドリルで穴を開けます。
fr_176_2.jpg

φ3.5ステレオミニジャックを取り付けた後に、ワイヤーを半田付けします。
一応、左右の極性は合わせておきました。 (^^;;;
fr_177_2.jpg

最後にフタを取り付けて終了。
fr_180_2.jpg

押しボタンスイッチが手元に無かったため、今回はここまでです。
またアキバに行ってこなくっちゃ!



関連記事:(*印は、この記事です。)
-アキバに行ってきました
-キーボード、USBハブとモバイルバッテリーの感想
-ポインティングデバイス付きワイヤレスキーボードの変遷・比較
*-ワイヤレスキーボードへ外付けマウスボタンの取り付け改造
-またもアキバに行ってきました
-ワイヤレスキーボードへ外付けマウスボタンの取り付け改造(完成編)
-ワイヤレスキーボード&エアーマウス
関連記事
スポンサーサイト
| Computer | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する