現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-10-14 (Wed)
今朝完成した100円スピーカー用バックロードホーン式エンクロージャーのM-8BH nano(笑)ですが、帰宅後すぐさまスピーカーユニットを取り付け、色々な音楽を聴いてみました。

まず、元のスピーカーでは全体的に音がシャリシャリしていましたが、そのシャリシャリは全くなくなり、それどころか驚異的に音域が下に伸び、更に音量も明らかに増えました。

元のスピーカーのシャリシャリ音の原因ですが、数が少なく且つ径の小さい穴のフロントフェイスデザインと、小型で薄い筐体であることによる「共振」ではないかと思います。
まあ、シャリシャリ音ではあるものの、その分高音の量は多かったですが。
M-8BH nanoでは、そのようなシャリシャリ音が少なく無くなった分、スッキリとはしているものの、逆にちょっと高音が寂しくなった気もします。

一方、低域側は信じられないほど伸びており、また音量もかなり増え、本当に驚いています。
正直、エンクロージャーが違うとここまで変わるものなのかとは、全く思ってもいませんでした。
あのサイズの100円スピーカーで、しかもこれだけ小型エンクロージャーですから、本格的にバックロードが掛かっているとはちょっと思えないのですが、多少は掛かっているんでしょうか。
そうそう、良く聴くとちょっと共鳴をするピーク周波数がありますね。
いくら低域側が驚異的に伸びたとは言え、当然、重低音は出ません。

M-8BH nanoは、使用しているスピーカーが100円であることを考えれば、再生ダイナミックレンジが大きく広がり、十分普通に聴ける良い音になったと言えます。
女性ボーカルをニヤ・フィールドにて小音量で聴くのには、何の問題も無いのではないでしょうか。

今後、更にエージングにより、どのように変わっていくのか、楽しみです。
(既に、数時間聴いているうちに、音が変わってきている様です。)

後は、塗装、外観の仕上げ、ギミックの組み込み(謎)、が残っています。
関連記事
スポンサーサイト
| Diary | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する