現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015-04-29 (Wed)
PIPO X7ですが、到着したその日にセットアップを行いました。
午前4時近くまで掛かってしまいましたが... (=_=)/

まずは、PIPO X7本体に、Air MouseのUSBアダプタとこれまでMK908に使っていたワイヤレスマウスのUSBアダプタを接続。
更に、HDMIケーブルと有線LANをTVに繋ぎ、ACアダプターから電源を供給した状態で電源を入れます。
何事も無く、Windows8.1 with Bingが立ち上がりました。
でも、良く見てみると、ユーザーがAdminでパスワード無しで立ち上がっていますね。
しかも英語モードです。
この状態で、Air Mouse、無線マウス、有線LANの3つとも、ちゃんと認識して使えました。
ここで、設定を「日本語・日本」に変更。
日本語フォントのダウンロードには、結構時間が掛かりました。
次に、一旦電源オフして、有線LANを外した状態で再起動。
正しく日本語表記になったことを確認し、今度は無線LANの接続設定を行いましたが、こちらも無事完了。
今度はBluetooth機器の接続です。
これにも結構時間が掛かりましたが、ポケモンキーボード、Elecomのマウス、Elecomのスピーカーの3つとも認識させることができました。
fr_597.jpg

この作業中、動作がもっさりして引っ掛かる様な感触になるのが気になりました。
しかし、デフォルトの設定ではバランスモードしか選べません。
そこで、レジストリーをいじってハイパフォーマンスモードが出るように変更。
リブートするとパフォーマンスモードが現れるので、パフォーマンスモードを選択してパフォーマンスが劣化しない様な設定に変更しました。
これで、引っ掛かりも感じなくなりましたね。
PIPO X7内蔵の有線LANは100Mなので、余っていたギガビットUSB2 LANアダプターを挿したら自動的に認識して、使用可能になりました。
これで転送速度も速くなることでしょう。 (^-^)
fr_598.jpg

fr_599.jpg

64GBのMicro SD Memoryを購入してきましたが、こちらも問題なく認識されました。
fr_602.jpg

PIPO X7本体のメモリは32GBなのですが、システムパーティションとして100MB、Cドライブのパーティションとして23.5GB、回復パーティションとして5.3GBが割り当てられていました。
キャプチャ-pipo-x7_Disk1

ということで、Cドライブの容量が小さいため、新規にインストールしたソフトは今のところVLCだけです。
VLCも動作させてみましたが、ネットワーク越しのメディアも問題なく再生できますね。
キャプチャ-pipo-x7

Windows Updateを実施したところ、150個弱の更新がありましたが、これがまた時間が掛かりました。 (>_<)/
一応、ここまででセットアップは完了。
これでまた、色々と遊べそうです。 (^^)v

ちなみに、やっぱりユーザーIDがAdminで、パスワード無しのまま使うのは危険かしら?

使ってみて気付いたのですが、1時間を越えたあたりから何故か急激にCPUの速度が低下していく現象が発生!
何とCPUの動作クロックが、0.05GHzです!!!
非常に動作が遅い中で、何とかキャプチャーしたのがこちらです。
キャプチャ

これでは、全く話になりません。

この原因を突き止めないと。

==== 追記 ====
ネットで調べてみると、同じ現象が起きている人を発見。
放熱が不十分で、CPUの動作クロックが強制的に下がっているのが原因と言っています。

ということで、明日でも蓋を開けて中を見てみようと思います。

いざとなったら、FANでも付けますか。
関連記事
スポンサーサイト
| Computer | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する