現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-04-30 (Thu)
2作目の出来が良かったので、これをそのままポータブル式にしようと考えました。
ここで冒険をして動かないものを作っても仕方が無いので、2作目の回路構成を出来るだけ使い、パッケージングを小型化することだけに専念してみました。
そのため、意味も無く耐圧の高いコンデンサを使っています。
但し、22uFの電解コンデンサは、入らなかったため省略しています。
アンプ部は、2作目のヘッドホンアンプの回路図をご参照下さい。

電源部回路図
HPA3_PWR.gif

実体配線図
3作目

今回もOPA2134を使ったので、5Vで駆動が可能です。
私としてはリサイクルの観点からエネループが使いたかったので、そうすると4本必要となります。 (1.2Vx4=4.8V)
また、途中で電源が切れてしまうのも嫌なので、電池サイズは単3型にすることにしました。
すると、ちょっと大きいのですが、テイシンのTB-57(110mm×65mm×20mm)がサイズ的に良さそうです。

駆動電圧は前作よりも低いので、耐圧の低い部品を使えばもう少し小さくまとめることが出来たのですが、据置型との差を見てみたかったこともあり、同一仕様のものをそのまま使いました。

また、前作同様指月のフィルムコンデンサ(サイズが大きいんです)を使ったため、場所が無くなってしまい、仕方なくコンデンサをパーツの上の置くはめになってしまいました。
これらの黄色いコンデンサの下に、オペアンプと抵抗、そしてトランジスタ24個が隠れています。
P1000663.jpg

パッシブDCサーボを無しに出来る様に、パッシブDCサーボ用のコンデンサは取りしせることができる様に、また外した後にジャンパーにて繋ぐことが出来るように、ピン/ソケットを使っています。
(実際には、パッシブDCサーボを取ることはしませんでしたが。)

裏面は、この様な感じです。
P1000665.jpg

このケースに単三電池ボックスを取り付ける際、ケースの長手方向に電池の向きを揃えようとすると、電池ケースの幅がほんの少しはみ出てしまい、入りません。
かといって、90度回転させると無駄な空間が出来てしまいます。
そこで、電池ボックスの両端の壁を切り取って幅を詰めることにより、本当に「ピッタリ」と納めることが出来るようになりました。
これはお勧めです。
P1000670.jpg

P1000679.jpg

完成した姿はこちら。
P1000676.jpg

iPodと並べると、こんな感じで、ちょうど良い大きさですね。
P1000668.jpg

内部配線があまりきれいにできなかったためノイズが心配でしたが、実際に聴いてみるとノイズも無く、また音も前作と全く一緒で至極快適です。

しかし実際に持ち歩いて使ってみると、やはり単三電池4本は非常に重く、長時間ポケットに入れているとズッシリときます。
サイズ的には、ゴムカバーを装着したiPod G5とほぼ同じなので、全く気にはならなかいのですが。


次回作は今回の失敗を踏まえ、軽量化を目指そうと思います。



関連記事:(*印は、この記事です。)
-自作ヘッドホンアンプ 1作目(据置型、FETバッファ)
-自作ヘッドホンアンプ 2作目(据置型、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
*-自作ヘッドホンアンプ 3作目(携帯型、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 4作目(据置型、2段非反転、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、DCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ用昇圧回路
-自作ヘッドホンアンプ 5作目(携帯型、1.2V->5V昇圧、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 6作目(携帯型、1.2V->5V昇圧、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 7作目(携帯型、1.2V->5V->12V 2段昇圧、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 8作目(携帯型、2.4V->10V昇圧(1.2V->5V昇圧2発)、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 9作目(携帯型、1.2V->5V昇圧、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 10作目(据置型、2段非反転、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、DCサーボ、高精度カレントミラー分圧、LEDレベルメータ)
-自作ヘッドホンアンプ 8作目のオペアンプ交換
-自作ヘッドホンアンプ 4作目のオペアンプ交換
関連記事
スポンサーサイト
| Headphone Amp/Portable Headphone Amp | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する