現在の閲覧者数:
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-01-08 (Fri)
Windows10では、Windows エクスペリエンス インデックスを、これまでの様に表示することができなくなってしまいました。
そこで、ネットで調べたところ、コマンドプロンプトから計算できることが分かりました。
参考にしたWebサイトは、こちらです。
windows10でWindows エクスペリエンス インデックスを用いてスコア(性能)を測定する方法
コマンドプロンプトを開いたら、c:\Windows\System32のディレクトリーに移動し、そこで、winsat.exe formalと打ち込むと、計算されます。
計算結果は、C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStoreのディレクトリーに保存されています。
また、この計算結果をこれまでの様に表示させるWebサイトがありますので、そのWebサイトにて、YYYY-MM-DD HH.MM.SS.zzz Formal.Assessment (Recent).WinSAT.xmlというファイルをドラッグ&ドロップすると、見えるようになります。
表示させるWebサイトはこちらです。
WinSAT Viewer

Windows10を搭載したWindBookの結果はこの様になりました。
Win-score-WindBook_s.png

ちなみに、windows7を搭載していた頃の数値が残っていたので、表示させてみるとこの様になっていました。
Win-score-WindBook_old_s.png

Windows10にした方がスコアが悪くなっていますね。
ありゃりゃ... (>_<)/

試しに、Windows10を搭載したPIPO X7の結果はこの様になりました。
win10-score-pipox7_s.png

タブレット系統のマシンとは言え、やっぱり最新のマシンの方が断然良いですね。
関連記事
スポンサーサイト
| Computer | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する