現在の閲覧者数:
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-08-17 (Wed)
先日3台のPCに追加でAnniversary Updateをインストールした件を記事にしましたが、あれは間違いでした。
全く普通のUpdateでした。

ということで、改めてAnniversary Updateをインストールすることに。

まずは、更新プログラムのダウンロードからということで、MSのWebページに行きます。
Anniversary Update 01

ダウンロードしたら、早速Run!
Anniversary Update 03

NetBookマシン(2GB/HDD)とK6A-MiniPC(4GB/64GB eMMC)は、特に次のチェックにて問題は見つかりませんでしたが、PIPO X7(2GB/32GB eMMC)では容量不足が表示されてしまいました。
仕方が無いので、PIPO X7ではOfficeソフトを削除し、容量を確保してから行いました。

また、K6A Mini-PC(4GB/64GB eMMC)に更新を実行する際、たまたまUSB HDDを接続した状態で行ったのですが、そうすると何故か64GB eMMCにではなく、USB HDDにインストールプログラムが展開されました。
これにはちょっとビックリ。

それが判ったので、PIPO X7の更新を行う際もUSB HDDを接続し、更新ソフトもそちらにダウンロードしてから実行しました。
Anniversary Update 04

Anniversary Update 05

Anniversary Update 06

Anniversary Update 07

Anniversary Update 08

Anniversary Update 09

ということで、無事更新完了。

超廉価NotePCやタブレットPCでは、2GB/32GB eMMCの構成が多いため、Anniversary Updateを実行できないマシンが続出しそうですね。

私の場合、2台目の小型PCを購入する際、何となく嫌な予感がして4GB/64GBを選択したのですが、その構成のマシンを購入しておいて本当に良かったです。

次のWindows10の大型Updateの際、PIPO X7にちゃんと適用できるのか、非常に心配です。
関連記事
スポンサーサイト
| Computer | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する