現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-01-04 (Mon)
ブレッドボードで試してみたHT82V739ですが、ちゃんと基板に取り付けてみました。
P1030290_2.jpg

実体配線図はこちら。
今回は、電源のデカップリングコンデンサ用として、更に0.1uFフィルムコンデンサを追加しています。
HT82V739_MONO_2.jpg

完成して音を出してみると、変なノイズ(CEをGNDに落としていない時に発生する様なノイズ)が!
試行錯誤しているうちに、出力ジャックの接触不良であることが判りました。
とりあえず、ジャックを使わずに直接接続するようにしたら、ちゃんと鳴るようになりました。
(このジャックは、100円ショップ製品から流用したのですが、外す時に熱を掛け過ぎたのかもしれません。)

でも、大変残念なことに無音状態でスピーカに耳を近づけると、ノイズが聞こえます。
前回ブレッドボードで試した時、30cm以上離れた位置から聴いていたため、この無音状態でのノイズに気づかなかったのでした。
このノイズですが、ヘッドホンアンプとして使うのであれば、全く使えないレベルです。

もしかしたらGNDの強化で改善するのかもしれませんが、スピーカの背面への取り付けを検討しているため、これ以上のGNDの強化は難しいかと思います。

ということで、HT82V739ですが、お蔵入りさせることにしました。

せっかく意気込んで作ったというのに... (;_;)/



関連記事:(*印は、この記事です。)
自作アンプ 1作目(TA7252AP、トーンコントロール付き)
HT82V739
*・基板に取り付けてみました、が...
自作アンプ 2作目(TPA2001D1)
自作アンプ 3作目(HT82V739)の再組み立て
自作アンプ 3作目(HT82V739)のUSB電源による駆動
自作アンプ 3作目(HT82V739)のケース完成
自作アンプ 4作目(TA2020-020)
自作アンプ 3作目(HT82V739)のUSB電源ケーブル変更
関連記事
スポンサーサイト
| Amplifier | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する