現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-04-19 (Mon)
我が家の蔵に、MP3変換、兼、家庭内音楽データサーバとして一台の古いPCがあるのですが、MP3変換はWindows2000上で、SAMBAサーバはOpenSUSE上で行っています。
ですので、目的によってHDDを差し替えてからブートする必要があります。

HDDの交換が出来るように、このPCにはHDDリムーバブルケースが取り付けられているのですが、残念ながらUltraATA66までのものであるため、全く役に立たない状態でした。
(UltraATA100のドライブを取り付けて使うと、時折認識をしなかったり、エラーが出てしまうのです。)

今日、蔵の片づけをしていたら、昔購入したままで使っていなかったUltraATA100対応のHDDリムーバブルケースが出てきたので、これ幸いと早速交換してみました。
やっぱりこれがあると便利ですね。
ついでにALIのUSB2.0のカードも刺してあげました。

ちなみに、蔵というのはMISAWA HOMEの宣伝に出ている中二階の納戸のことですので、誤解無き様に。

それにしても、このPCは本当に良く頑張っているなぁ。
VIAのChipを使ったP3V4Xというマザーボードなのですが、これって実に名機ですよね。



関連記事:(*印は、この記事です。)
*-HDDリムーバブルケース
-GW初日
-openSUSE 11.2へ更新
-家庭内SAMBA ServerのHDD交換
-日記
-家庭内SAMBA ServerのHDD交換(その2)
-PC Depotにてお買物
-SAMBAサーバマシンのアップグレード
-SAMBAサーバマシンの移行完了
関連記事
スポンサーサイト
| Computer | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する