現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-05-08 (Sat)
Linux 100%という雑誌を読んでいたら、10MBしか消費しない「TinyCore Linux」に興味が沸いてきました。
TinyCore Lionux:TinyCore Linux
-Download:Download
-Install:Install

早速VirtualPCで1GBの仮想HDDを作ってISOイメージのCDから立ち上げた後、仮想HDDへインストールしてみました。
いやはや、えらくシンプルなLinuxですね。
tinycore.jpg

ちなみに、HDDへシステムをコピーする際にroot shellを開く必要があるのですが、説明のとおりにroot shellが開きません。
そこで、ターミナルを開いてSUと打つのですが、そうすると当然パスワードを聞かれます。
はて、パスワードは何だろう???
適当にrootと入れたら、何と通ってしまいました。(ラッキー)

また、viを開き、最後にセーブして終了する際にもハマりました。
と、言うのも、viのコマンドがちょっと違っているのと、使っているキーボードが日本語キーボードのためです。
5行を書き込んだ後、escを押して、shift+右下の*を押し(これで:が出ます)、その後にwで大丈夫でした。

これでやっとHDDへインストール出来たのですが、まあ、これで何かを使うという訳では無いんですよね... (^^;;;



関連記事:(*印は、この記事です。)
-openSUSE 11.1 on VirtualPC 2007
-openSUSE 11.2 on VirtualPC 2007
-GW初日
-openSUSE 11.2へ更新
-VMware on Windows
-openSUSE上で、DVDも観られるようになりました
-二代目 技あり!楽ラック/スーパーホワイトモデル(CWRS2-SW)
-VMware Player on openSUSE
-Wine on openSUSE
-Internet Explorer on openSUSE with Wine
-iTunes on openSUSE with Wine
*-TinyCore Linux
-TweetDeck on openSUSE
-DVDソフトのISOイメージ化
-openSUSEでBluetooth
-openSUSE 11.3 on VirtualPC 2007
-日記
-日記
-openSUSE 11.3 on VirtualPC 2007 Part.2
-openSUSE 11.3のデスクトップPCへのインストール
-VMware Player 3.1 on openSUSE 11.3
-VMware Player 3.1 on openSUSE 11.3 Part.2
-k9copy
-openSUSE 11.4 on VirtualPC 2007
-openSUSE 11.4のデスクトップPCへのインストール
-openSUSE 11.4のデスクトップPCへのインストールその2
-家庭内SAMBA ServerのHDD交換
-家庭内SAMBA ServerのHDD交換(その2)
-日記
-openSUSE 12.1
-PC Depotにてお買物
-SAMBAサーバマシンのアップグレード
-SAMBAサーバマシンの移行完了
-VIA EPIA-M10000 + openSUSE 11.4
-VMware Player 5.0.0 on openSUSE 12.1(x84_64)
-openSUSE 12.2 on VirtualPC
-openSUSE 12.2 on VMware
-openSUSE + U2713HM
-Sambaサーバ故障
-OpenSUSE 12.3 リリース
-openSUSE 12.3 インストール
-サブマシンのopenSUSE 12.3セットアップ
-SAMBAサーバマシンのHDD故障
-sambaサーバの故障原因
-sambaサーバーマシンの復旧完了
関連記事
スポンサーサイト
| Linux | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する