現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-06-20 (Sun)
早速、Stereo誌7月号に付属していたスピーカ・ユニットを組み立ててみました。

箱を開けるとこのようなパーツが入っています。
SH3G0111.jpg

まずは、フレームとマグネットを接着剤とネジを使って固定します。
SH3G0112.jpg

次に、ギャップゲージの両端3mm程度を折り曲げます。
結構強く折り曲げた方が良さそうです。
SH3G0118.jpg

この端を折り曲げたギャップゲージを丸めてボビンに差し込み、その状態でダンパーをフレームに接着します。
ダンパーのエッジをつまようじで均一に押しつけると、きれいに着くようです。
ケーブルは、ゆったりとループを描くようにして、端子の穴に差し込んでおきます。
SH3G0113.jpg

同様に、振動板エッジをフレームに接着します。
接着剤をフレームに塗布した後に振動板を乗せ、同様に振動板のエッジ部分をつまようじで均一に押しつけます。
SH3G0114.jpg

更に、ボイスコイルボビンと振動板を接着します。
ここで、ギャップゲージと接着しないように注意します。
SH3G0115.jpg

そのまま1時間放置し、接着剤が固まったらギャップゲージを抜き取り、センターキャップを接着します。
SH3G0116.jpg

最後に、引き出し線を処理して終了。
SH3G0117.jpg

でも、引き出し線が外れるといやなので、半田付けしておきました。
SH3G0120.jpg


さて、エンクロージャーはどうしようかな。



関連記事:(*印は、この記事です。)
自作スピーカー 1作目(バックロードホーン式、8cmフルレンジ一発)
自作スピーカー 1作目のスピーカーユニット交換
自作スピーカー 2作目(バスレフ式、8cmフルレンジ一発)
セリアの100円スピーカを2つ使ってモノからステレオへ改造
自作スピーカー 3作目(バックロードホーン式、100円均一スピーカー)
セリアで新製品の100円スピーカ購入
ポータブル用ミニスピーカの改造
Stereo誌7月号
購入しました
*・ステレオ誌7月号付録スピーカ・ユニットの組み立て
ステレオ誌7月号付録スピーカ・ユニットの音出し
自作アンプ内蔵スピーカー 4作目(密閉式、100円均一スピーカー):エンクロ-ジャ編
自作アンプ内蔵スピーカー 4作目(密閉式、100円均一スピーカー):アンプ(完成)編
自作アンプ内蔵スピーカー 4作目(密閉式、P650スピーカーユニット):スピーカユニット交換(正式完成)編
Stereo 2011年7月号(6月18日発売) 特別定価 2800円 スピーカーユニットキット同梱
Stereo 2011年7月号の予約注文
スピーカー工作の基本&実例集(特別付録:エンクロージュア・キット)
Stereo 2011年7月号が発送されました
Stereo 2011年7月号が到着
Stereo 2011年7月号付属のスピーカユニットの組み立て
Stereo 2011年7月号付属スピーカ・ユニットの音出し
関連記事
スポンサーサイト
| Speaker | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する