現在の閲覧者数:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-05-19 (Sat)
先週自作ヘッドホンアンプ 8作目(携帯型、2.4V->10V昇圧(1.2V->5V昇圧2発)、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)のオペアンプを交換しましたが、昇圧電源を使っているせいか改善度合いが今ひとつ小さかったので、今日、自作ヘッドホンアンプ 4作目(据置型、2段非反転、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、DCサーボ、高精度カレントミラー分圧)のオペアンプを交換してみました。

まずは、OPA-2604が載っている状態。
SH3G2030.jpg

MUSE8920に載せ換えた状態。
SH3G2031.jpg

では、早速音を聴いてみましょう。
SH3G2032.jpg

特にOPA-2604の状態でしっかり聴いていた訳ではないので、正しく無いかもしれませんが、やっぱり低音が豊かになったように思えます。
高音も、キレが良い感じかな?

ちなみに、DCサーボとして使っているオペアンプまでMUSE8920に交換してしまいました。 (^^;;;

会社に置いてある方は同じ回路でOPA-2604のままになっているので、来週末にでもそれを使ってもうちょっと詳しく聴き比べてみましょう。



関連記事:(*印は、この記事です。)
-自作ヘッドホンアンプ 1作目(据置型、FETバッファ)
-自作ヘッドホンアンプ 2作目(据置型、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 3作目(携帯型、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 4作目(据置型、2段非反転、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、DCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ用昇圧回路
-自作ヘッドホンアンプ 5作目(携帯型、1.2V->5V昇圧、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 6作目(携帯型、1.2V->5V昇圧、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 7作目(携帯型、1.2V->5V->12V 2段昇圧、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 8作目(携帯型、2.4V->10V昇圧(1.2V->5V昇圧2発)、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 9作目(携帯型、1.2V->5V昇圧、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、パッシブDCサーボ、高精度カレントミラー分圧)
-自作ヘッドホンアンプ 10作目(据置型、2段非反転、Simple Class-AB、トランジスタバッファ、DCサーボ、高精度カレントミラー分圧、LEDレベルメータ)
-自作ヘッドホンアンプ 8作目のオペアンプ交換
*-自作ヘッドホンアンプ 4作目のオペアンプ交換
関連記事
スポンサーサイト
| Headphone Amp/Portable Headphone Amp | COM(0) | TB(1) |















管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【自作ヘッドホンアンプ 4作目のオペアンプ交換】
先週自作ヘッドホンアンプ 8作目(携帯型、2.4V- …
2012/05/20 03:35  まとめwoネタ速neo